Tropical NY & あおちゃん スタジオ & ダンス動画

ZOUK について

13年ぐらい前のダンス専門雑誌クロワゼの記事から

ズークは、カリブの音楽とブラジルのダンスを融合させた「踊るヨガ」とも呼ばれるペアダンス

海の波や潮風を思わせる、最高に気持ちのいいダンスです

「自然に歩く」ことから

 土曜日の夕方、壁に楽しげな海辺の絵が描かれたスタジオは、和やかな熱気に包まれています。レッスンは、ゆったりと全身をほぐしながら、音楽に乗って「歩く」ことから始まりました。ズンズンズン、とお腹に響くベースのリズム、叙情的なメロディに合わせて柔らかくステップを踏み、首や肩を回し、腕をのびのびとしなわせて踊るあおちゃん先生の動きは、まるで海辺で風に吹かれているよう。一緒にステップを踏む生徒たちの表情も、ひとりでにほころんでいます。

『自然に歩く』って、簡単なようでむずかしいんですよ。裸足になるとよくわかりますが、ふらついたり、バランスを崩したり、足の指がどれか、不自然に浮いていたりする。でも、周りのみんなが音楽を感じながら気持ちよく歩けていれば、その波の中で、だんだん体が動くようになってきます」と先生。先生のことは、みんなが「あおちゃん」と呼んでいます。

 ステップの後は、ペアでの練習。リーダー(リードする人)とフォロアー(リードされる人)に分かれ、スタジオの真ん中を端から端まで歩き、次々にパートナーを変えていきます。単純に見えますが、自然にペアで動くのはさらに難しいこと。特に、リードする生徒はかなり緊張する人が多いようです。

「リードする方は目の不自由な人を、安全に目的地まで連れて行ってあげるような気持ちで、またパートナーを安心させるようなリードをして下さい。」

 互いに向きを変えたり、一回転しながら移動したり……動きの中で、リーダーとフォロアーの間に細やかなコミュニケーションが成り立っていることがわかります。一連の動きの後、リーダー役とフォロアー役を交代して練習。

「お互い、どんなホールドのしかたが気持ちいいか確認して。最も気持ちのよかった方法を取り入れてください」とあおちゃん。むずかしい技をたくさん覚えるより、お互いが気持ちよく踊れるよう、相手を思いやれるようになることが大切だと、あおちゃんは考えています。「生徒たちには『うまい人』じゃなくて、『一緒に踊りたくなるような人』になってほしいですね」。

「踊るヨガ」ブレイクの予感!

ズークはブラジリアン・サルサなどとも呼ばれ、カリブのゆったりした音楽に乗って踊るブラジル産のペアダンス。柔らかく、自然な動きが特徴で、「踊るヨガ」とも呼ばれ、ヨーロッパを中心に世界で流行のきざしを見せています。Tropical NYでは、サルサ、サンバなど様ざまなラテンダンスを伝えていますが、ズークの自然な動きにはあらゆるダンスに役立つ要素が含まれているため、ダンス初心者には、特にすすめているそうです。

 首をそっと回して、顔にかかった髪を振り払うような女性らしいしぐさが、そのまま全身の回転につながったり、互いに絡ませた腕が、きれいな曲線を描きながら自然にほどけたり……。じょうずなペアの動きは、うっとりするほど優雅でセクシー。しかし、あおちゃんはどんなに複雑なバリエーションを踊るときも、大切なのは「音楽を良く聴き、リズムをはずさない」「体をまっすぐに保ち、綺麗な姿勢で」「相手のレベルを考えて丁寧にリードとフォローをする」ことの三つだといいます。

「基本さえしっかりしていれば、世界中の誰とでも踊れますよ」。

音楽の楽しさを分かち合う

 あおちゃんがダンスと出会ったのは、会社員時代に通っていたブラジル語教室主宰のサンバ・パーティ。サッカー好きで、いつかブラジルを旅したいと思っていたあおちゃんですが、ダンスに関わろうとは夢にも思っていなかったそう。パーティに来ていたサンバチームを、勇気を出して見学に行き、そこで唯一の男性ダンサーとして踊るようになります。

 その後、ラテン・ダンスのスクールを開き、日本のラテン・ブームのきっかけをつくったあおちゃんは、97年渡米し、ニューヨークでダンスを教え始めます。7年ぶりに帰国し、東京にスタジオをオープンしたのが03年秋。あおちゃんが何より大切にしているのは「良い雰囲気づくり」です。

「オープン当初、生徒のほとんどは女性でした。最初は皆『ペアダンスは当然、男性と踊りたい』と思っていたはず。でも、リードのしかたを真剣に練習し始めてから、生徒たちは『本当の踊りの気持ち良さを知り、男女は関係ない。リードもフォローもできるから二倍楽しいね』『じょうずな人と踊るのも楽しいけれど、初めて踊る人の笑顔を見るのも嬉しい』といい始めたんです。踊りは、人種も男女も年齢も関係なく、音楽の楽しさを分かちあうもの。皆がそのことをわかってくれているので、とても良い環境ができつつあります」。

 もっと幅広い人にダンスを楽しんでほしいと願うあおちゃんには、さまざまなアイデアがあります。託児所つきのスタジオやクラブ、レッスン風景を眺めながらお茶を飲めるカフェ……。ダンスをリハビリや健康法に取り入れられないか、という思いもあります。そのせいか、生徒には不思議と医師や看護師さんが多いそうです。

 レッスンの最後には、ペアで一連のシークエンスを踊ります。ステレオから流れる音楽はジプシー・キングズ。哀愁を帯びた美しいメロディに乗って、生徒たちはゆったりと踊り始めます。互いに近づきながら両腕を高く上げていく動き。女性が男性に腕を絡ませ、男性の周りを一周しながら、まるでリボンのように、その腕をほどいていく動き……。柔らかな笑顔のあおちゃんに見守られて踊るみんなの表情を見ているだけで、身も心もほどけていく気がしました。

基本大切クラスには、初めての人には、あおちゃんが隣に行って優しく、丁寧にステップを指導。

「僕自身、普通の会社員でしたから、ダンスを始めるときの緊張はよく理解できます。だからこそ、誰もが入りやすい和やかなスタジオにしたい」とあおちゃん。

01年、ニューヨークで9.11のテロを経験したあおちゃんは、「ダンスを通して何かできないか」という思いから、チャリティ・パーティなども頻繁に行っています。

あおちゃん、10秒でサンバを表現!ニューヨーク

2分ですが、5分に感じるサンバショー、早送りではない。ニューヨークのあおちゃん! 「 プエルトリコ・サルサコングレスに出て下さい。」と言われた。「サンバだけど」と答えると、「分からないから大丈夫!」振付けあおちゃん

あおちゃんのイスラエル ズーク ワークショップで「昔の綺麗なガフィエラ(ボサノバ)を生徒に紹介したい」と言われ、思い出しながら踊りました。NY生徒のリサは妊娠8ヶ月。※この動画はユーチューブで見ることになります。必見!

NY在住 生徒アップルがスタジオの前を通り過ぎた。「嘘でしょ!」3年ぶり。サンバ ジ ガフィエラ(ボサノバ、ジャズボサ)、ダイナミックにデモンストレーション!

あおちゃん ズーク&キゾンバ フリーダンスの模様、ブラジル・ポルセグウロのコングレスにて!

ニューヨークで大人気のインストラクターカルロスとあおちゃんの即興サルサ・ショータイム!

あおちゃん 生徒達の「自然で、心地良い、サルサ・パフォーマンス!誰でも、こんな風に踊れるスタジオ。「あおスタ ミラクル!」と呼んでいます!

最高に美しい!リサ結婚式ズーク&キゾンバ(妊娠中)、音楽とダンスの融合に感動!

Fly me to the moon - Ending Evangelion こんな綺麗な音楽で踊ります!最高ですね。※この動画はユーチューブで見ることになります。

ペアダンスの意味を歌動画2点で紹介 「手を繋ぐではなく、気持ちを繋ぐ!」※この動画はユーチューブで見ることになります。

ミュージカルに興味ない方も、感動する。映画「グレイテスト・ショーマン」のリハーサル映像、これだけで感動!

南国ビーチの壁画!癒される、綺麗なスタジオ!

大好評 笑顔あふれる 親子レッスン


⚫️インストラクター あおちゃんについて

日本(8年)でパイオニアとして活躍後、拠点をニューヨーク、マンハッタン(7年)に移し活躍、ブラジリアンダンスを広めた事で有名。2004年帰国、東京で活動を再開する。約30年の実績とユニークな人柄から作りだされるバラエティーなレッスンは世界で高い評価を受け、大学では心理学・心体コミュニケーションの講義として採用される。大学講師、浅草サンバカーニバル審査員、DJ、振付師、パーカッション奏者(サンババンド:東京ホマンチコ、初代タンボリン担当)、ヒオドールをプロデュース(ブラジリアンパーカッショングループ)、演出家など、幅広く活動する。


⚫️世界の生徒さんの声

「生徒の皆さんが優しい」

「ダンスのイメージが全く変った!」

「こんなに笑ったレッスンは初めてだ!」

「こんなペアダンスがあったとは知らなかった!」

「ニューヨークはエキサイティングな事が多いけど、日本人がブラジリアンダンスを教える事が一番エキサイティングだ!」


⚫️講師実績

オーストラリア(ケアンズ)、スペイン(バルセロナ)、ブラジル(ポルトセグウロ)、イスラエル(テルアビブ)、タイ(バンコク)、ベトナム(ハノイ)、中国(上海)等。

アリゾナ大学、ニューヨーク大学、ニューヨーク国連本部、ステッピングアウト・ダンススタジオ、エンパイアー・ダンススタジオ等。

浅草サンバカーニバル優勝チーム(仲見世バルバロス、ウニアン・ドス・アマドーリス)、江戸川大学、国際キリスト大学ICU、東京外語大学、早稲田大学等。


⚫️海外のインストラクターからのメッセージ

「メキシコ人・インストラクター」

生徒、皆の雰囲気が良く、スタジオもとても綺麗で、レッスン内容も素晴らしい。あおちゃんのやり方は凄い! メキシコ、アメリカ、日本、タイ、ベトナムといろんなスタジオを見てきて、また自分たちもメキシコでレッスンを始めたからこそ、あおスタの特別さがわかる。あおちゃんのレッスンは、セラピーのようで、癒され、リラックスする。

「ブラジル人・インストラクター」

あおちゃんの振付、レッスンは素晴らしい。それ以上に、ブラジル人として、嬉しく、心から感謝している事がある。「ブラジル音楽&ダンスの美しさを伝え、そして素敵な生徒をたくさん育ててくれた事」です。あおちゃんの生徒と踊ると本当に楽しい。皆さん笑顔で、私の事を見て踊ってくれる。

「アメリカ人・インストラクター」

あおちゃんは「’’教える天才!’’」です。とにかく教え続けて欲しい。あおちゃんは皆んなの人生を大きく変えられる力を持っている。私たち皆んな、心地良いリズムと、大切な事をたくさん教わった。


⚫️ダンスに興味のない方も、一度、あおちゃんのレッスンを体験ください。何かを感じます。

1. 基本的な事を飽きさせず、楽しみながら、様々な形で伝えてくれる。

2. 笑いながら、世界トップレベルの技術も習得できる。

3. 気持ち良いコミュニケーション、マナー、礼儀を大切にしている。

4. 本物の気持良さはダンスや音楽からではなく、人から生まれる。

5. 真の基本は音楽やダンスの枠を超えて全てに通じる。

6. 彼のレッスンはまさに人生の大切さに気付かせてくれる。


⚫️両親の認知症介護、高齢者施設のボランティア等の経験から、多くの大切な事に気づき、2018年3月より、3年ぶりにレッスンを再開。

⚫️熊本サルサon1 2004年 (2001年ぐらい、04年は日本に帰国している)
ビデオレッスンのみで、こんな素敵なパフォーマンスができる。
NY在中に振付の依頼を受ける。当時はスマホ、ユーチューブはない。
郵便でVHSビデオのやり取りだけです。
「100時間練習必要」「振付より、練習が大切!」と、つぶやきました。
私のモノマネもできるぐらいビデオを見て練習。

画像が良くないのが残念ですが、ついでに、本物のボネッカのご紹介 と 表舞台に出る事が少ないが、ジョシーの踊り目指し、研究し、今のトップダンサーが生まれました。神です。当時15歳です。私が初めてブエノスアイレスを訪れた時に、ジルソンに私が撮ったビデオを渡しました。「この女性が最高!」と話したら、あっさりと、「今ここに、いるよ!」もしかしたら、運命だったのかも、、、

レッスン後に、お世話になる「居酒屋猪狩マスターとママの絶品料理!」

⚫️映画紹介「あまくない砂糖の話」
(生まれてくる子供の為に、父親自ら実験台になったドキュメンタリー映画、妊婦さん、子供がいる方はぜひ見て欲しい。)

人間は、1日に平均でスプーン40杯もの砂糖を摂取している。
世の中には“ヘルシー”な食品があふれているのに??
オーストラリアの俳優デイモン・ガモーは自らが被験者となり、無謀な実験に乗り出した!
“健康”と言いつつ砂糖を大量に含む食品を60日間食べ続け、体や心がどのように変化していくのかを記録するという驚きの実験を描いたエンターテイメントムービー!
下記、アマゾン・プライム映画と評価をご参考に。

⚫️映画紹介「フード・インク」

(家畜から、野菜まで、どの様に過程で作られているかわかります。アメリでは肉がタバコに続く悪い食品として取り上げられている。ハーバード大学の食事会では肉を出さない傾向になっているようです。) 

第82回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門ノミネート!
アメリカでは公開翌週に上映館が20倍となる大ヒット!
まるで映画(フード・インク)のままのことが世界で起きている?!!
下記、アマゾン・プライム映画と評価をご参考に。

⚫️本のご紹介「食品の裏側」

(添加物の全てが分かります。5年、10年かけて構わない、食生活を変えていきましょう。)
下記、アマゾンで評価をご参考に。